審査のゆるいカードローンは存在するのか徹底検証!

 

カードローンの申し込みが初めての方は、「審査落ちしてしまったらどうしよう。」や、「結局、どこからもお金を借りることができないのでは?」と不安な感情をもってしまうかもしれません。

 

そのため、「審査のゆるいカードローンって、ないの?」と考え、自分に合ったところを探されている方が意外と多いのです。

 

そもそも、カードローンに、審査がゆるくてだれでも通過できるというところはあるのでしょうか。


 

今回は、審査のゆるいカードローンが存在するのかについて、わかりやすく解説していきます。

 

 

審査のゆるいカードローンは、存在しない

残念ながら、審査がゆるいカードローンは存在しません。

 

銀行系や消費者金融系のカードローン会社が審査をゆるめてまで、利用者を増やす意味がないからです。そもそも、カードローン会社というものは、お金を貸して返済してもらわなければ、利益を得ることができません。

 

審査をゆるくして、滞納するリスクの高い人を通過させた場合、融資したお金が戻らず、マイナスになってしまいます。もし、あなたが審査によく落ちる方なら、審査のゆるいところを探すよりも落ちる理由を知ることが大切です。

 

審査のゆるいカードローンを探す前に!落ちる理由とは?

カードローン会社は、申し込み者に返済能力がないと判断すると、お金を貸してくれません。

 

審査のゆるいカードローン会社を探す前に、なぜ自分が審査に落ちるのか、その理由について探っていきましょう。

 

他社で多額のお金を借りている

あなたは、過去に貸金業者から多額のお金を借りたことはありますか?もし、多額のお金を借りており、返済していない状況が続いているのであれば、審査通過は難しいでしょう。

 

貸金業者は、賃金業法の総量規制の関係で年収の3分の1しかお金を貸すことができません。総量規制の規制対象となる貸金業者は、下記のとおりです。

 

【総量規制を受ける貸金業者一覧】
  • 消費者金融カードローン
  • 信販カードローン
  • クレジットカード会社(キャッシング枠に限定される)

 

特に、安定した収入が少ない方は、どこかで多額のお金を借りていれば、総量規制の借入可能枠を超えてしまいます。まずは、返済する努力をしましょう。

 

他社で何件もお金を借りている

もし、他社の貸金業者で何度もお金を借りている場合は、カードローンの審査の通過は難しいでしょう。なぜなら、借り入れ件数が多いということは、滞納されるリスクが高いことを意味するからです。

 

では、借り入れ件数が多いというのは、具体的にどれぐらいの数字を表すのでしょうか。

 

この場合、4件~5件の借り入れ件数がある方は、件数が多いといえるでしょう。そのため、審査のゆるいカードローン会社を探しても審査を通過できません。

 

もし、審査の通過率を上げたいのであれば、1件でも借り入れ件数を減らして、借入残高をゼロに近づける努力をしましょう。

 

ブラックリストに入っている

 

過去に、カードローンを利用しており、数ヵ月滞納した経験のある方は、ブラックリスト入りしている可能性が高いです。ブラックリスト入りしている場合、審査通過の可能性はゼロに等しいでしょう。


 

そもそも、ブラックリスト入りとは何なのでしょうか。これは、個人の借入や返済履歴にトラブルが生じていることを意味します。貸金業者は、信用情報機関で個人情報を照会すれば、借入履歴を見ることができます。

 

つまり、過去に滞納した経験があることを、調べられるのです。この金融トラブルが記録された状態をブラックリスト入りと呼んでいます。この状態では、お金を借りるよりも借金問題を解決できる債務整理の検討をおすすめします。

 

審査のゆるいカードローンを探すなら、通りやすい会社を選ぼう!

カードローンの審査に通らない方は、申し込み予定のカードローン会社と相性が合っていない可能性があります。審査のゆるいカードローン会社を探すくらいなら、審査通過を実現しやすいところを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

次に、カードローン会社選定のポイントについてご説明します。

 

【ポイント1】カードローンの申し込み先を成約率で選ぶ

審査のゆるいカードローン会社を探すよりも、申し込み時の成約率から審査の通りやすいところを探してみてはどうでしょうか。本来なら、銀行系カードローン会社の成約率を提示できれば良いのですが、情報の公開を行っていません。

 

しかし、消費者金融系のカードローン会社なら成約率を開示しています。下記は、消費者金融系のカードローン会社の2019年4月~6月間の平均成約率の詳細です。

 

カードローン会社2019年4月~6月間の平均成約率
レイクALSA 30.20%
プロミス 45.25%
アイフル 43.16%
アコム 45.73%

 

 

この中で、もっとも審査通過率が高いのは、アコムだとわかりますね。プロミスも2番目に成約率が高いです。2%ほど下がりますが、アイフルも十分な成約率を維持しています。

 

唯一、レイクALSAが30%台ですが、約3人に1人通過できることを考えれば、申し込み可能な範囲となる現実的な数字ではないでしょうか。


 

【ポイント2】銀行系よりも消費者金融系の貸金業者を選ぶ

少しでも審査の通過率を上げたいのであれば、銀行系よりも消費者金融系のカードローン会社の利用をおすすめします。なぜなら、消費者金融系のカードローン会社の方が、金利が高くなるからです。

 

一般的な話になりますが、金利が低いほど審査を通過しづらいことをご存じでしょうか。つまり、銀行系などの金利の低い方が個人情報の信用度の高さを求められる傾向があるため、少しでも疑問に残る部分があれば審査通過は難しいです。

 

【審査がゆるいわけではない!】通る可能性のあるカードローン3社

カードローンの審査がゆるいわけではありませんが、比較的通る可能性のあるカードローン会社3社をご紹介します。

 

成約率が高い順にご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

アコム

アコムには、借入可能かをたった3秒で診断する機能があります。最短30分で正式な審査回答が得られる機能があり、初めての方なら30日間無利息で借りられます。

 

融資限度額 800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
申込条件 満20歳~69歳
遅延損害金(年率) 20.0%
担保・保証人 不要

 

プロミス

アコムと同様に始めての方は30日間無利息で借りられます。最短1時間で融資可能となっていますが、即日融資を希望する場合は、20時までに申し込み手続きを終えるようにしましょう。

 

融資限度額 500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~17.8%
申込条件 満20歳~69歳
遅延損害金(年率) 20.0%
担保・保証人 不要

 

アイフル

アイフルには、融資可能かを判断する1秒診断機能があります。借入額が100万円以下の場合、原則的に収入証明書は不要となっているため、多くのお金を必要とする方はアイフルが良いかもしれません。

 

融資限度額 800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
申込条件 満20歳~69歳
遅延損害金(年率) 20.0%
担保・保証人 不要

 

まとめ

審査のゆるいカードローン会社は存在しませんが、成約率が高く審査に通過しやすいカードローン会社は存在します。

 

消費者金融系のカードローン会社は、申し込み先によって融資限度額や貸付利率などが異なりますので、自分の状況と合ったところに申し込むことで、審査の通過率を高めることができます。