消費者金融の一括返済の手順や注意点を解説

 

消費者金融の借入金は毎月返済をしていてもなかなか残高が減りません。思い切って一括返済して返済の負担を減らしたいと考えている人は多いでしょう。

 

一括返金は消費者金融の返済方法の中でもっとも有効な返済方法であり多くのメリットがあります。しかし一括返金にはデメリットもありますし、決められた手順を経て返済をしないと完済したと思っていても完済していない、ということもあります。

 

消費者金融の一括返済のメリットやデメリット、円滑に行うための手順や注意点を紹介します。


 

 

消費者金融の返済方法を改めて紹介

消費者金融の返済方法は複数の方法があり、状況によって最適な返済方法は変化します。

 

どのような返済方法があるのか紹介します。

 

約定返済

約定返済は毎月決められた日に決められた金額を返済していく返済方法です。

 

消費者金融の返済含めローンの返済方法としては最もおなじみの返済方法と言えるでしょう。

 

約定返済は契約時に決定した「元金+利息」を毎月支払います。約定返済を行うと借入残高が減っていきます。元金が減ると元金に対する利息も減っていくので月々支払う返済額も減っていくのでは?と思う人もいるかもしれませんが、消費者金融の返済額は自動的には変更しません。

 

月々の返済の減額を希望するのであれば消費者金融に申し出て手続きを行ってください。

 

繰り上げ返済(一部繰り上げ返済)

繰り上げ返済は臨時返済とも言う返済方法で、指定された返済日以外に返済することです。

 

住宅ローンを利用している人には耳馴染みのある返済方法かもしれません。

 

余裕があるときには繰り上げ返済を行えば借入残高が早く減っていきますが、繰り上げ返済を行っても次の約定返済の義務はなくなりません。「繰り上げ返済をしたので次の返済は免除される」ことはないのでご注意ください。

 

一括返済(全部繰り上げ返済)

一括返済は借入したお金と利息を一回で全て返済することです。

 

消費者金融の借入は借入額が大きければ大きいほど、借入期間が長ければ長いほど支払う利息が高くなるので一括返済は利用者にとって非常にお得な返済方法です。

 

一括返済のメリット、デメリット

消費者金融で一括返済を行うと多くのメリットがありますが、実はデメリットも存在します。

 

消費者金融での一括返済のメリットとデメリットを紹介します。

 

一括返済のメリット

まずは一括返済のメリットを紹介します。

 

基本的に一括返済は返済方法としては利用者にとって最も有効な方法であり、数多くのメリットがあります。

 

支払総額が安くなる

消費者金融の利息は一括返済を行うと支払う金額が安くなります。一括返済の大きなメリットと言えます。

 

消費者金融で借入すると期間に応じて支払う利息が増えていきます。消費者金融の利息は日割りで計算されるからです。一日でも早く完済すればそれだけ支払う利息を低く抑えられます。

 

例えば10万円を年利(実質年利)18%で借りて30日で完済したときの利息と10日で完済したときの利息を比較すると、

 

30日で完済した場合

10万円×0.18×30÷365=1,479円

 

10日で完済した場合

10万円×0.18×30÷365=493円

 

となります(実質年利は利率×借りている日数÷365日で計算します)。

 

10日で完済すれば支払う利息が1,000円ほどお得になるとご理解いただけるでしょう。

 

借入枠が増える

消費者金融で一括返済すると、利用限度額が全額使える状態になるのもメリットと言えます。

 

例えば利用限度額が50万円で借入金が30万円であれば借入可能な金額が20万円ですが、この30万円を一括返済すると借入枠は50万円となります。

 

消費者金融を長期にわたって利用したいという人にとって利用できる枠は大きければ大きいほど安心できます。また、一括返済すると利用している消費者金融から優良顧客と判断されるので次に借り入れる時スムーズに審査が通ります。

 

完済の記録が残る

一括返済すると信用情報に完済が記録されます。これもメリットのひとつです。

 

クレジットやローンを利用すると個人信用情報機関に借入れの状況が記録されます。信用情報機関に記録される情報は借入額だけではなく借入件数や返済状況も含まれますが、消費者金融の借入を完済すると「完済情報」として記録されます。

 

消費者金融の借入を完済した人は金融機関から返済能力がある人と判断され、利用限度額の増額を希望したときの再審査や将来的に他社で借り入れを行う場合、また、ローンやクレジットを申し込んだ際にポジティブな材料として審査が有利になります。

 

一括返済のデメリット

消費者金融の一括返済にはメリットだけではなくデメリットもあるのでご注意ください。

 

一括返済のデメリットを紹介します、

 

手間がかかる

消費者金融の一括返済には時間と手間がかかりますのでデメリットと言えるかもしれません。

 

一括返済を行う際には、正確な借入残高の確認や各社によって異なる手続き方法の確認、場合によっては窓口への訪問など、通常の返済とは異なる方法で返済しなければいけません。

 

また、完済日によって支払う利息も変動するため、完済するためにはいくら利息を支払わなければいけないのか、正確な金額を把握しなければいけません。支払う金額は多くても少なくても完済したことにはならないのです。

 

注意が必要です。

 

無理に一括返済を行うと生活が苦しくなる

一括返済のせいで生活が苦しくなる、という可能性もあります。

 

思い切って一括返済したものの、生活費用まで返済に使ったためその後の生活が苦しくなる、一括返済した後に想定していなかったことが突発的に発生して急にお金が必要になったものの手持ちのお金では対応できなくなる、という事態に陥るかもしれません。

 

折角完済したのに新たな借り入れを行うとなると本末転倒です。

 

消費者金融の一括返済の手順

消費者金融の一括返済は通常の返済とは異なります。きちんと手順を踏んで行わないと返済できてなかったということにもなりかねません。

 

一括返済の手順を紹介します。

 

返済日を決める

一括返済を行うのであれば、まずは返済日を決めてください。消費者金融の利息は日割り計算で算出するため日々支払う金額が変動します。返済額を確定するために返済日を決定しなければいけません。

 

返済日を確定した後で利用している消費者金融のホームページや担当者に電話して返済日の支払い金額を確認しお金を準備してください。

 

もし借入が2010年以前に行われていたのであれば、上限金利のグレーゾーン撤廃の法改正前の借入になりますので、利息を過払いしている可能性があります。

 

利息の過払い金があれば支払い総額が安くなりますので、一括返済をする前に弁護士や司法書士に相談してください。

 

消費者金融に一括返済する意思表示をし、返済額を確認する

一括返済の返済日を決定したら消費者金融の担当者に連絡し、一括返済を行いたいという意向と返済予定日を伝え、支払わなければいけない金額を改めて確認しましょう。

 

一括返済できる方法を確認し返済する

いよいよ返済ですが、一括返済できる方法は消費者金融各社によって異なるので担当者に確認して指示に従って返済してください。

 

一般的に返済方法としては店頭窓口、提携ATM、銀行振込、インターネットなどの選択肢がありますが、注意しなければいけないのは、一括返済を提携ATMで行う場合1000円以上でないと入金が受け付けられないので端数が発生する可能性がありますし、数百円の手数料が必要になるかもしれないことです。

 

用意していたお金と返済額とでずれが出るかもしれません。

 

銀行やインターネットであれば確実に返済できるため、消費者金融によっては手数料を支払わなくてもよいので一括返済におすすめです。

 

必要であれば完済証明書を発行してもらう

完済の証明が必要であれば、完済証明書の発行を依頼してください。

 

住宅ローンのような大型ローンを組む場合、消費者金融を利用しているとネガティブな印象を与え審査に大きく影響します。しかし完済して証明できるのであればその要素を払拭できます。

 

ボーナスを活用した有効な返済方法

ボーナスのような一時金は消費者金融を利用している人にとって返済の大きな助けとなります。

 

ボーナスを有効活用した返済方法を紹介します。

 

消費者金融はボーナス払いができるのか?

消費者金融の返済を「クレジットやローンのようにボーナス払いができれば返済が楽なのに」と思っている人がいるかもしれませんが、消費者金融の返済方法にボーナス払いという概念はありません。

 

ボーナスを返済に活用するのであれば一括払いか繰り上げ返済のいずれかとなります。

 

ボーナスを活用した繰り上げ返済

ボーナスが支給されて余裕ができたのであればぜひ繰り上げ返済をしてください。

 

約定返済で支払うのは「元金+利息」ですが、繰り上げ返済で返済されたお金は全て元金に充てられます。

 

繰り上げ返済すると残高が減るのが早くなるので支払回数が減り、支払う利息も安くなります。

 

無利息期間中にボーナスで一括返済する

大手消費者金融(アコムプロミスレイクALSAアイフル)が中心に提供している「初回利用者に対する無利息サービス」は、ボーナスを活用して一括返済できれば利息を払う必要がありません。

 

一定期間内にボーナスが支給されるが手持ちのお金がない、という人は活用してください。

 

上記の中でも特におすすめはレイクALSAです。

 

消費者金融各社の無利息サービスの期間は大抵30日で設定されていますが、レイクALSAの無利息サービスの期間は60日、借入のうち5万円の無利息期間は180日と他社よりも無利息期間に余裕があります(ただし併用はできませんので自身にあったサービスを選択する必要があります)。

 

一括返済の注意点

消費者金融の返済方法の中で最も有効な一括返済。しかし一括返済を行うにあたり注意しなければいけない点もあります。

 

一括返済の注意点を紹介します。

 

一括返済が最適とは限らない

消費者金融の返済は一括返済が最適ではありません。無理に一括返済をすると生活が苦しくなり完済したものの新たな借り入れを行うかもしれません。

 

毎月きちんと返済すれば約定返済でも借入金は確実に減っていきます。一括返済は家計や貯蓄の状況を十分に考慮し、問題がないと判断した上で行ってください。

 

一括返済しても解約したことにはならない

消費者金融の借入金は一括返済しても、消費者金融と自動的に解約したことにはなりませんのでご注意ください。

 

借入金を完済しても消費者金融の借入枠は残ったままとなり、消費者金融との取引は継続している状況です。

 

消費者金融の借入枠があるといつでも借金できる状態であり、住宅ローンやマイカーローンを申し込む際、審査に影響します。

 

一括返済して今後消費者金融からの借入をするつもりがない、という人であれば、完済と共に解約を申し出てください。その際、解約証明書の発行を依頼しましょう。

 

解約証明書は住宅ローンを組む時の審査の際に提出を要求されるかもしれません。

 

無利息残高には気を付ける

「無利息残高」とは、1000円未満の借入残高で、利息・手数料・支払期限のない借入金です。

 

もし一括返金をATMで行った際、ATMが1000円以上でないと入金が受けつけないため、百円単位の端数が借入として残ると無利息残高が発生します。

 

一括返済したつもりでも無利息残高があるため完済したことにならないですし、解約することもできないので一括返済を行うときには無利息残高が発生しないようにしなければいけません。

 

無利息残高を発生させたくないために、逆に多めに返済する人もいるかもしれませんが、これも完済したことにはならないので注意してください。

 

 

ATMで返済する際、ATMが硬貨を受け付けないため1000円多めに入金し数百円単位の端数が多く振り込まれた状態になると、借入は「マイナス残高」となり消費者金融はその端数を「預り金」として扱います。

 

預り金が発生すると利用者に返金されますが、完済したつもりとなり消費者金融からの連絡を無視し続けると(消費者金融からの連絡は督促のほかは営業目的がほとんどですので連絡があっても応答しないという人も多いでしょう)解約できない状態がずっと続きます。


 

いずれにしても一括返済はその日の時点での借入残高と利息をきっちり払わないと完済したことにはならないですし、解約もできなくなるのです。