中小の消費者金融は審査は本当に甘いの?

「複数社の銀行のカードローンや大手消費者金融から既に借り入れを行っている」「大手消費者金融に融資を申し込んだが審査が通らなかった」「信用情報に自信がない」という人は、中小の消費者金融での借り入れを検討しているはずです。

 

中小の消費者金融の利用を考えている人にとって、一番気になるのは審査のハードルではないでしょうか?

 

そもそも大手で融資を断られた方は中小の消費者金融に申し込んでも果たして審査に通るかどうかは疑わしいですし、その反面、「中小の消費者金融は審査が甘い、ゆるい」という噂もあります。

 

さらに、審査が通り融資を受けたもののその金融業者が高金利で悪質な取り立てがあるのでは?という印象を持っている人もいるかもしれません。

 

中小の消費者金融は知名度が低いため違法業者かどうかを見極めるのは一般人には難しいものです。中小消費者金融の審査の実態や審査を通るためのコツ、違法業者の見極め方を解説します。

 

 

中小消費者金融と大手消費者金融との違い

 

まず、大手消費者金融と中小消費者金融の違いを紹介します。

 

中小消費者金融は規模以外にも大手とは異なり地域に密着して事業を行っている、という特徴がありますがそれ以外にもいくつかの点で違いがあります。


 

即日融資ができない

中小の消費者金融は申し込んだその日に融資を受けることはほぼできない、とお考えください。理由は審査に時間をかけるからです。

 

大手消費者金融の審査はインターネットや無人契約機で完了し、即日融資を受けることができますが、中小は申込者の返済能力を判断するために審査に慎重です。

 

揃えなければいけない書類は大手よりも多く、場合によっては収入を証明できる書類や住民票も審査で必要とします。

 

また、人柄を判断するために申込者と直接顔を合わせて審査するというケースもあります。

 

中小の消費者金融に借り入れを申し込む人はすでに他の消費者金融で借り入れをしていることが多いので審査が慎重なのは当然のことです。

 

たとえ審査の早さをアピールする消費者金融があったとしても即日融資を受けられるのはまれであり、審査が完了した後に銀行口座に振り込まれる、というパターンがほとんどです。

 

審査のシステムが違う

大手消費者金融と中小消費者金融は、審査方法が異なります。

 

大手は申込者の様々な情報を点数化(スコアリング)し、その点数が基準をクリアしているかどうかを大きな判断基準としていますが、中小消費者金融はスコアリングによる審査は行わず独自の審査を行い判断します。

 

具体的には申込者の返済の能力の有無や融資が可能かどうかを申込情報だけではなく、担当者自らが人物評価を行い、その上で融資が可能かどうかを決定するのです。

 

中小消費者金融と大手消費者金融の審査システムは異なるとは言え、信用情報のチェックや在籍確認は行われます。

 

中小消費者金融の審査は甘いのか?

中小消費者金融の審査は甘い、ゆるいと思われがちですが実際はどうなのか、審査基準について解説します。

 

中小消費者金融の審査の傾向

まず、中小の消費者金融の審査は決して甘くありません。

 

中小の消費者金融の審査が甘い、緩いという認識は誤りです。

 

ただ、中小消費者金融では人物面の評価も審査の判断材料としているため、単に大手のスコアリングで審査が通らなかった人でも融資を受けられる可能性があります。

 

スコアリング審査が基準点に達していないような人でも、担当者が申込者に対して「信頼できる」と判断すれば融資を行うのです。

 

返済の強い意志があり、誠実で信頼に足りうる人であれば審査のハードルは多少下がると言っていいでしょう。

 

次に中小の消費者金融は希望金額が少額であればあるほど審査が通りやすくなります。

 

中小消費者金融の申込者は大手で何社か利用した上で中小に申し込むことが多く、企業側もそれは理解しています。

 

貸付金が多くなると回収できなくなるリスクが増えます。貸し倒れや返済延滞のリスクを避けるためにも希望金額を限度額いっぱいに申し込むよりは少額のほうが安心されるのです。

 

事故情報がある人は審査が通らない

いくら審査が柔軟な中小の消費者金融があったとしても、金融トラブルを起こし信用情報に事故情報が記録されている人はどのような人でも審査が通りません。

 

具体的には、長期の滞納や債務整理を行っている人、いわゆる「ブラックリスト入りの人」です。

 

総量規制に該当する人は審査が通らない

年収の1/3以上借金がある人も中小の消費者金融の審査は通りません。

 

法律では総量規制の観点で貸金業者は借金が年収の1/3以上ある人に対して新たな貸付を行ってはいけないと決められているからです。

 

違法金融業者の見極め法

中小の消費者金融の中には違法の金融業者、いわゆる「闇金」と呼ばれる業者も存在します。

 

いくらお金に困っていても違法金融業者からお金を借りては絶対にいけません。

 

法外な金利で貸し付けを行い高額な利息を要求され、返済が滞ると悪質な取り立て行為で利用者を追い詰め、結果的に通常の生活を送れなくなってしまうからです。違法金融業者の見極め方法を紹介します。

 

正規の金融業者か確認をする

利用を考えている消費者金融が正規の業者かどうかは必ず確認しましょう。

 

正規の貸金業者であれば、貸金業者登録番号(国から認可を受け、貸金業の認可を受けたことを証明する番号)を取得しています。

 

この番号を持っているかをチェックしてください。金融業者のホームページで確認するよりは、金融庁のホームページで登録されているかどうかを確認したほうが確実です。自社ホームページだと虚偽の番号を記載している可能性があるからです。

 

金利が法定内か確認する

金利が法律で定められた範囲内かどうかを確認することも重要です。

 

貸金業者の上限金利は利息制限法で定められています。

 

具体的には、10万円未満の借入金に対する上限金利は20%、10万円から100万円未満の借入金であれば上限金利は18%、100万円以上の借入金の場合は15%です。

 

この比率を超える金利で貸付を行うと違法となります。正規の金融業者は必ず上限金利を超えない範囲で貸付を行っています。

 

ちなみに、マンガなどで登場する闇金業者が「トイチ(10日で1割の金利)」で貸付を行ったりしますが、年利に直すと365.0%となります。当然のことながら違法です。

 

連絡先が固定電話かどうかを確認する

貸金業者の広告や宣伝で、連絡先が携帯電話の番号だったとすればその業者は違法な業者です。

 

法律では貸金業者には固定電話の設置が義務付けられています。また、営業所や事務所の固定電話を掲載した上で広告宣伝や勧誘をしなければいけない、という決まりもあるからです。

 

無職や専業主婦でも融資OKかどうか確認する

「専業主婦や無職でも融資OK」という貸金業者も違法です。

 

前述したように、法律では貸金業者に対して、総量規制の観点で年収の1/3以上の貸付を禁じています。ということは安定した収入のない人に貸し付けることは違法になります。

 

たとえ配偶者や家族が高額所得者でも融資をしてはいけないのです。

 

おすすめの中小消費者金融

口コミサイトなどでおすすめの中小消費者金融を紹介します。

 

「柔軟な審査」「大手なみの様々なサービスを提供している」「長年に渡り堅実に事業を行っており安心して利用できる」といった観点でピックアップしました。

 

セントラル

 

実質年利 利用限度額 担保・保証人 アルバイト、パート
4.8%~18.0% 1~300万円 原則不要

 

セントラルは大手消費者金融ほどの知名度や規模はありませんが、「初回利用30日間利息無料サービス」「セブン銀行ATMとの提携」「自動契約機による土日祝日の融資可能」「WEBで最短即日融資」など、大手消費者金融並みのサービスを展開しています。

 

口コミサイトでは債務整理中でも借り入れができた、という声がありました。大手にはない柔軟な審査を行っている、と言っていいでしょう。

 

フクホー

 

実質年利 利用限度額 担保・保証人 アルバイト、パート
7.3%~20.0% 5~200万円 原則不要

 

フクホーは大阪に拠点をもつ消費者金融です。拠点は大阪にしかありませんがインターネットで24時間全国どこからでも借り入れの申し込みを受け付けており、借換ローンなどのメニューも用意しています。

 

口コミサイトでは、(手続きの手間や条件によるものの)自己破産した人が借り入れることができた、という人のコメントがありました。他社の借り入れがあったとしても審査が通る可能性がある消費者金融です。

 

アロー

 

実質年利 利用限度額 担保・保証人 アルバイト、パート
15.0%~19.94% 200万円 原則扶養

 

アローは2000年に創業、比較的歴史の浅い中堅消費者金融ですが堅実に事業を行っています。WEBでの申し込み、銀行振込で貸し付けをメインで行い、全国からの申し込みを積極的に受け付けています。

 

ホームページには審査は最短45分と記載されており、審査の早さに自信があることが窺えます。口コミサイトでは「ブラックでも借り入れができた」という声が多数ありました。信用情報に不安な人も相談してみてはいかがでしょうか?

 

フタバ

 

実質年利 利用限度額 担保・保証人 アルバイト、パート
14.959%~17.95% 1~50万円 不要

 

フタバは上限金利が17.95%と他社より低いこと、また初めての利用者は30日間利息ゼロ、という利用者にとってうれしいサービスを提供しています。

 

フタバのホームページには、貸し付けの条件に「消費者金融にて他社の借り入れが4社以内の方が対象」と記載されています。消費者金融ですでに4社借り入れを行っている人は銀行カードローンや大手消費者金融では審査は通りません。

 

フタバは審査の間口が広い消費者金融と言っていいでしょう。

 

ユニーファイナンス

 

実質年利 利用限度額 担保・保証人 アルバイト、パート
12.0%~17.95% 1~300万円 原則不要

 

ユニーファイナンスは名古屋に拠点を持つ老舗の消費者金融です。17.95%と上限金利が低いこと、さらにはプロミスと提携しているので全国のプロミスのATMで取引が可能なことが特徴です。

 

ユニーファイナンスは上限金利が低い上に利用限度額が300万円と他中小消費者金融より高額に設定していますので、借り換えをお考えの人にはおすすめです。

 

中小消費者金融の審査をクリアするには?

 

中小の消費者金融に借り入れを申し込む人の多くは、「すでに何社か利用していて限度額いっぱい借りている」「大手の審査が通らない」という状況ではないでしょうか?

 

申し込むからには確実に融資を受けたいものです。中小消費者金融に申し込む前や審査を受ける歳の注意点を紹介します。


 

信用情報を確認する

クレジットやローンの状況は、CICやJICC、KCSといった個人信用情報機関に登録されており、消費者金融は借り入れの審査の一環で申し込み者の信用情報を照会します。

 

上記の個人信用情報機関は個人の照会も可能です。もし信用情報に自信がないのであれば消費者金融に申し込む前に自身の信用情報がどのような状況なのかを確認してください。

 

もし延滞等の記録があるのであれば、なんとか延滞分だけでも返済してからの申し込んだほうが審査をクリアする可能性は高いでしょう。

 

大手消費者金融の借り入れ診断を試してみる

中小の消費者金融に申し込む前に、必ず大手消費者金融のホームページで借り入れ診断を行ってください。

 

消費者金融はサービスやサポート体制を考えるとやはり大手のほうが高い利便性があります。

 

大手消費者金融の借り入れは難しいのでは?と感じていても、借入件数や申込金額によっては審査が通るかもしれません。

 

むやみに申し込まない

「下手な鉄砲も数撃てば当たる」的な感覚で、可能性のありそうな消費者金融に一気に何社も申し込むと考えている人がいるかもしれませんが厳禁です。

 

個人信用情報には借金の状況だけではなく、いつどこに融資を申し込んだのか、といった情報も記録されます。一気に複数の消費者金融に融資を申し込むのは、よほどお金に困っていると判断されても仕方ありません。審査に悪影響を及ぼします。

 

借入希望金額を最低限にする

借り入れを申し込む際には、希望金額はできる限り低いほうが審査を通過しやすくなります。貸し付ける側とすれば、貸し付ける金額が多いよりも少ない方が回収しやすくなります。

 

特に中小の消費者金融で借り入れを希望している人は複数の貸金業者を利用していることが多いので、貸付金を確実に回収できるかどうかは大きなポイントです。

 

低い金額のほうが貸し倒れのリスクを回避できる可能性が高くなります。

 

借りる側にすれば、借入金は多いに越したことはないですが、審査をクリアするためにも、また返済に苦しまないためにも、必要最低限の金額で申し込んでください。