即日融資・無審査で借入できるのか?検証してみました!

 

カードローンを利用するにあたって、「過去にクレジットカードの滞納歴があり、審査に通るか不安。」や、「どうしても1日でも早くお金を借りる必要があり、審査を受けている場合ではない。」という方もいるでしょう。

 

そのような方は、「即日融資可能!」や「無審査でも借入できる!」という言葉を見ると、申し込み手続きをしたくなってしまいますよね。しかし、その貸金業者は本当に無審査で即日融資してくれるのでしょうか。


 

今回は、無審査で即日融資が受けられるのか、その真相についてわかりやすく解説していきます。

 

即日融資で無審査は、闇金業者

即日融資や無審査といって、集客している貸金業者を見つけたら、闇金業者と考えて間違いないでしょう。

 

テレビなどで、闇金業者の実態が紹介されていることがありますが、一体どのような組織なのでしょうか。

 

違法運営の闇金業者とは?

闇金業者とは、多重債務者や破産申告などの手続きを行った方を対象に、WEB広告やその他のインターネット集客を通じて、だれにでも無審査・無担保で即日融資するなどの虚偽表示を行う貸金業者のことです。

 

闇金業者のすべては、法律を守らない違法運営です。たとえ、相手が多額の借金を抱えていてもお金の回収に対して自信をもっており、違法な手段を通じて取り立てを行います。

 

利息制限法を超える貸し付けは、すべて違法

実際に、即日融資・無審査という言葉に反応してお金を借りてしまった場合、法律で守るべき範囲を超えてお金の貸し付けが行われます。ちなみに、利息制限法で守るべき、利息契約は次のようになっています。

 

【利息制限法で規定された利息契約】
  • 元本の金額が10万円未満の場合は、年率20%に設定できる。
  • 元本の金額が10万円以上100万円未満の場合は、年率18%に設定できる。
  • 元本の金額が100万円以上の場合は、年率15%に設定できる。

 

利息制限法の規定とはいえ、上記の利率でも高いと思う方もいるでしょう。しかし、闇金業者の中には、年率30%を設定しているところが存在します。

 

テレビニュースなどでは、「トイチでの貸金業が行われていた。」と放送されることがありますが、これは元本の金額に対して10日で1割という意味です。

 

これを年率換算で考えてみましょう。つまり、トイチは、360%でお金の貸付が行われているということです。これでは、どれだけ頑張っても返せるわけがありません。この取引の仕方こそ、闇金業者の違法運営の実態なのです。

 

無審査は、ありえない!即日融資の前の審査一覧

ハッキリと申し上げると、法律を守って運営されている貸金業者が無審査で即日融資してくれることはありません。逆に、即日融資を受けるためには、どのような審査を受ける必要があるのでしょうか。即日融資前に絶対に実施される審査の詳細についてご説明します。

 

申し込み情報のスコアリング審査

まず、即日融資を受けるには、スコアリング審査をクリアする必要があります。

 

スコアリングとは、統計データに基づいて企業や個人の信用度を点数化し、申し込み者の個人情報と照合し、“借入を認めても大丈夫なのか”を判断することをいいます。

 

一般的に、スコアリングでは、下記のものが点数化されます。

 

【スコアリングされる内容一覧】
  • 申し込み者の年齢
  • 申し込み者の勤務先
  • 勤務先で支払われている月収
  • 申し込み者の勤続年数
  • 申し込み者の居住状況
  • 申し込み者のお金の借入状況

 

ここに問題点が1つでもあると、審査の通過は不可能です。逆に、スコアリング審査で落とされたということは、よほどの理由があるはずなので自分自身を見直す良い機会と考えましょう。

 

在籍確認審査

カードローンの口コミサイトでよく見かけるのは、「会社での在籍確認を受けなかった。」というものです。確かに、会社での在籍確認がないカードローン会社も存在します。ただし、収入証明書の提出が必須となるため、絶対に勤務先を偽ることはできません。

 

即日融資が可能な消費者金融の審査で頻繁に落ちてしまう方に限って、勤務先を偽っているケースが多いです。もし、派遣の仕事をしており、勤務先が異なる場合は、そのことを先に伝えておきましょう。そうすれば、在籍確認の仕方を工夫してくれます。

 

ブラックリスト入りかの審査

カードローン会社でお金の借り入れを希望する方は、自分がブラックリスト入りしていないことを確かめましょう。

 

ブラックリスト入りしていれば、どれだけ申し込んでも審査に通過することはありません。

 

「お金を滞納してしまった。」と聞くと、ほとんどの方がカードローンやクレジットカードをイメージするかもしれません。実は、携帯料金の支払いが滞っている場合、滞納していることになりますので注意してください。

 

闇金が即日融資・無審査でお金を貸す理由

 

銀行系や消費者金融系のカードローン会社は、絶対にブラックリストに入っている方や多重債務者に対して、お金を貸すことはありません。

 

それなのに、なぜ闇金業者は、無審査で即日融資をするのでしょうか。


 

次に、闇金業者が即日融資・無審査でお金を貸す理由についてご説明します。

 

違法な取り立てができる

銀行系や消費者金融系のカードローン会社は、無収入で安定した収入のない方にはお金を貸すことはありません。それは、収入がないということが、返済能力を有していないことを証明しているからです。

 

闇金業者は、無審査で即日融資などの違法な広告文を掲載し、集客を行っていますが、これは違法な取り立てを行うからこそできることです。

 

たとえば、闇金業者は下記のような違法な取り立てを行います。

 

【闇金業者が行う違法な取立て一覧】
  • 周辺住民に対して「借金をしている。」「法律違反を犯している。」などと個人情報漏えいする。
  • 早朝や深夜に「早く借金を返済しろ。」「お金を返さないんだったらどうなっても知らないぞ。」などと電話をする。
  • 住宅周辺に、「借金の返済をしてください。」などのはり紙をする。
  • 自宅前で近隣住民に聞こえるように「早くお金を返してください。このまま逃げられると思わないでください。」などと、大声で叫ぶ。
  • 実家や勤務先に対して「山田さんは、お金を返してくれません」などと、電話をする。

 

被害に遭ったら警察に相談を

もしも、今回ご紹介したような被害にあったのであれば、警察に相談することをおすすめします。闇金業者の違法な取り立ては、賃金業法第21条の取り立て行為の規制の規約に該当します。

 

闇金業者の仕事の仕方は、人を威圧することになりますし、その言動が人の平穏を害することになります。そのため、違法な取り立ての実態がわかる証拠さえ残しておけば警察に対処してもらえます。

 

まとめ

無審査で即日融資を受けられる金融機関をお探しの方もいるでしょう。残念ながら、無審査でお金を借りることはできません。

 

インターネット上の口コミで「ここは、審査がなかった。」や、「ここなら誰でも通る。」と書かれていても、まともな金融機関ではありません。違法な運営をしている闇金業者である可能性が高いです。

 

どうしてもお金を借りる必要がある場合は、テレビやインターネット上で話題となっている、または信用できる情報が多数掲載されている銀行系、または消費者金融系のカードローン会社からお金を借りるようにしましょう。