消費者金融の利用は住宅ローンの審査には本当に不利なの?

住宅の購入で住宅ローンへの申し込みを検討している人の中には消費者金融を利用している人もいるでしょう。中には家族に内緒で消費者金融から借入を行っている人もいるかもしれません。

 

このような人にとって住宅ローンの審査が通るかどうかはとても気になるはずです。

 

また、今ある消費者金融の借入金を住宅ローンにまとめることができれば返済の負担が大きく軽減されるため借金をまとめたいと考えている人もいるのでしょう。果たして借り換えは可能なのでしょうか。

 

消費者金融から借入をしている人は住宅ローンの審査が通らない、と言われることもありますが果たしてそれは事実なのか、住宅ローンの審査の実態や消費者金融の利用者が審査をクリアするための方法、また住宅ローンの借り換えについて解説します。

 

 

消費者金融を利用していると住宅ローンに影響する?

 

消費者金融の借金が住宅ローンに悪影響を与えると言われていますが実際にはどうなのか、消費者金融での借入が住宅ローンに及ぼす影響を解説します。


 

金融機関によって判断基準は違う

一概に消費者金融の利用者は全て住宅ローンの審査が通らない、とは言えません。基本的に消費者金融の利用者は住宅ローンの審査に申し込んでも通りにくいことは事実ですが、金融機関の保証会社によって審査基準が異なるからです。

 

借入を行っている消費者金融が1社であれば問題ない、という保証会社も存在します。

 

消費者金融からの借入があって住宅ローンを申し込もうと考えている人は、申し込みを考えている金融機関が他社のローンやクレジットに対してどのような審査基準を設定しているのか、さらに自身の借金の状況を正確に把握することが重要になります。

 

なぜ消費者金融の借金は住宅ローンの審査に影響を与えるのか

消費者金融の借入がなぜ住宅ローンの審査に影響を与えるのでしょうか?それは、消費者金融の利用が金融機関にとって印象が悪いからです。

 

消費者金融での借入は「多目的ローン」なので使い道は人それぞれです。急な出費のためにお金を借りる人もいれば、遊行費目的でお金を借りる人もいます。生活費に充てている人もいるでしょう。

 

どのような理由にしても、消費者金融を利用している人は一般的に「お金にルーズな人」という印象を与えてしまいます。金融機関はより一層ネガティブな印象を持ちます。

 

もし生活費に充てている、と思われたのであれば「返済能力に難あり人」という印象を持つでしょう。

 

住宅ローンに影響する借金

住宅ローンの審査に影響が与える借金は消費者金融の借入だけではありませんのでご注意ください。

 

具体的には、マイカーローン、奨学金、クレジットカードのショッピング・リボ払い・キャッシングといったいわゆる「借金」もあれば、カーリースやウォーターサーバーのリース、スマホの機種代の分割払いなども含まれます。

 

住宅ローンの審査のポイント

住宅ローンを申し込んだ際、金融機関は申込者のどのような点を見て審査をしているのでしょうか、そのポイントを紹介します。

 

住宅ローンの審査では返済負担率が重要

金融機関が住宅ローンの審査でもっとも重要するポイントは「申込者がお金を返せるかどうか」ですが、金融機関は返済能力の有無を「返済負担率」で判断します。

 

返済負担率とは、「年収額に占める返済額の割合」です。返済額が返済負担率の基準を超えると返済能力が低い人と判断され審査が通らない、もしくは希望の金額が借りられない、と判断されます。

 

 

ちなみに、フラット35の返済負担率の基準は、年収400万円未満であれば30%以下、年収400万円以上であれば35%以内、と定められています。年収400万円の人であれば全ての借入の返済額を年間120万円以内に納めなければいけません。


 

住宅ローンの審査は2段階

住宅ローンの審査は「仮審査」と「本審査」の2段階で行われます。

 

仮審査は「お金を貸してもよいかどうかを判断するための最初の審査」です。年収や勤務状況などを確認します。

 

提出書類は運転免許証やパスポートなどの本人と確認できる資料、源泉徴収票などの収入を証明する書類、購入を考えている住宅の資料(パンフレット)などです。仮審査で融資に問題がないと判断されれば本審査に進みます。

 

本審査はお金を貸してもよいかどうかの最終審査であり、仮審査よりも多岐に渡る項目で厳しくチェックされます。

 

具体的には返済負担率、信用情報の確認をはじめ、健康状態や借入時と返済完了時の年齢、年収、勤続年数、担保評価、連帯保証人といった内容です。

 

消費者金融の利用履歴はごまかせない

消費者金融で借入を行っているものの住宅ローンに申し込みたいと考えている人の中には、「消費者金融の借金は黙っていればごまかせるのでは・・」と考えている人もいるかもしれません。

 

しかしローンやキャッシングの情報は全て信用情報機関に登録されており、利用状況は一定期間消滅しません。事実を隠して申し込んだとしても必ず判明します。

 

もし申し込んだ際に申告した内容と信用情報の内容に相違があれば、金融機関に故意に事実を隠したと判断され印象が悪くなり審査結果に大きな影響を与えます。

 

金融事故を起こしている人は審査が通らない

今は消費者金融を利用していなくても、以前長期の延滞や債務整理、自己破産といった金融トラブルを起こしていれば住宅ローンの審査に大きく影響します。

 

金融トラブルの情報は信用情報期間に5年~10年は記録が残っています。この間審査は絶対に通らないとお考え下さい。

 

消費者金融を利用していても審査が通った人はどんな人?

消費者金融に借り入れがあると住宅ローンの審査を通過するのは非常に厳しいのですが、消費者金融を利用していても住宅ローンの審査に通った、という人は多数存在します。どのような人が審査を通るのでしょうか?

 

フラット35へ申し込んだ人

フラット35とは住宅金融支援機構が民間の金融機関が提供している長期固定金利住宅ローン商品です。

 

 

フラット35は、返済負担率さえクリアしていれば借金の内容は問いません。どこで借入を行ってもネガティブな審査をすることがないので、消費者金融の利用者でも審査が通る可能性の高い住宅ローンです。


 

ただし、フラット35を利用するには、購入を考えている住宅が、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合しなければいけませんので注意が必要です。

 

消費者金融の借金を完済した人

消費者金融の利用者でも完済すれば住宅ローンの審査が通りやすくなります。借金が減ると返済負担率が下がるので返済能力がある人だと判断されますし、完済した上に解約をすれば「これ以上消費者金融から借金をしない」と判断されます。

 

消費者金融の借金を完済して解約し、解約証明書を発行してもらえば住宅ローンの審査ではポジティブな印象を与えるでしょう。

 

消費者金融の借金を住宅ローンに借り換えはできるのか

住宅ローンは金利が低く借りられる金額が大きいため、住宅の価格以上の借入をすれば、消費者金融の借金など複数の借金をまとめられるのでは?と考えている人もいるでしょう。

 

借金をまとめることができれば返済比率も自然と下がり返済も楽になります。

 

果たして住宅ローンで借金の一本化は可能なのでしょうか。

 

住宅ローンで他の借金をまとめることはできない

原則としては住宅ローンで借金の一本化はできません。ローンは目的が決められておりそれぞれの目的に応じて金利が設定されているからです。

 

購入を考えている住宅の価格より多めの金額を借りてローンを組むことは可能ですが、その場合住宅の価格を超えたお金はリフォームなど住宅に関連する目的にしか使うことができません。ローンの用途は金融機関も厳しくチェックします。

 

金融機関によっては、住宅ローンの借り換えに併せて他の金融機関のローンなどをまとめられる商品もありますが、住宅ローンと同様の条件で借りられるわけではないので内容はしっかりと確認してください。

 

住宅ローンを利用したおまとめローンは違法

ローンは目的に応じて金利を設定しているため、住宅ローンを利用したおまとめローンは違法であり、詐欺になります。

 

住宅ローンを他の借金とまとめたいと相談しても通常の不動産業者や金融業者は絶対に対応しません。もし申し出を受ける、もしくは住宅ローンでのまとめローンを提案してくる不動産業者がいたとすれば、その業者は違法な申し出をしている業者だと考えてください。

 

消費者金融の利用者が住宅ローンの審査を通るためには

消費者金融で借入がある人が住宅ローンの審査を通るためには、消費者金融の借金を完済し解約する以外にはどのような方法があるのでしょうか。

 

具体的な方法を紹介します。

 

安定した収入を確保する

住宅ローンは高額でしかも長期間返済しなければいけません。審査が通るためには安定した収入を確保することが大前提です。

 

一般的に住宅ローンの審査を通過する収入の基準は、年収400万円以上であり、さらに勤続年数3年以上です。

 

最低この基準をクリアしないと住宅ローンの審査は通過しません。

 

一度に複数の住宅ローンに申し込まない

審査に自信がない人は可能性を高めるために複数の住宅ローンに一度に申し込んだほうがいいのでは?と考えるかもしれませんが、逆効果になりますので控えてください。

 

個人信用情報機関にはローンやクレジットの利用情報が記録されていますが、借入金の総額や借り入れの件数、返済の状況だけではなく申し込みの実績も記録されます。

 

短期間に複数のローンに申し込むのは、「審査に自信がないのでは?」というネガティブな印象を金融機関に与えます。

 

消費者金融を利用していて住宅ローンの審査が不安な場合は、まずは不動産業者に正直に相談して解決策を一緒に考えましょう。

 

不動産業者は様々な人の住宅購入を手伝っているので、住宅ローンに関するノウハウも豊富です。消費者金融で借り入れをしている人のお手伝いもしているはずです。

 

ローンを組む候補となる金融機関の審査基準を把握しているかもしれませんし、柔軟な審査を行う金融機関の情報を把握しているかもしれません。

 

どの金融機関にどのようなタイミングで申し込めばいいのか、適切にアドバイスをしてくれるでしょう。

 

審査前の3か月は無借金期間を作る

もし消費者金融の借り入れを完済した場合、すぐに住宅ローンの審査には申し込まず、少なくとも3か月~半年は無借金期間を作ってください。

 

消費者金融の利用者は消費者金融の借金を完済し返済比率が下がったとしても、住宅ローンを契約した後に借金をするのでは、という印象を持たれています。完済しただけではなかなか審査は通りません。

 

金融機関の印象をよくするためにも、消費者金融の借入金を完済後はしばらく無借金の期間を作り借金体質を改善していることをアピールしましょう。

 

また、消費者金融の借入を完済した後は必ず解約して解約証明書を発行してもらってください。解約するまでは借入枠がずっと残っている状態であり、信用情報にも消費者金融との契約(取引がいつでも可能な状態)が継続していることになるからです。

 

最低でも銀行系のカードローンに借り換える

住宅ローンの審査は、現在や過去の借入の金額だけではなく、借金の種類、借入先も重要なポイントとなります。

 

多目的ローンは印象が悪く、さらに借入先は、銀行カードローン→銀行系消費者金融→独立系大手消費者金融→中小消費者金融の順で審査の印象がネガティブになります。

 

住宅ローンを申し込む前に消費者金融の完済が難しいのであれば、せめて借入先を変えることによって審査の印象を少しでも良くするように努力してください。

 

消費者金融を利用している人であれば銀行のカードローンへの借り換えを、中小の消費者金融を利用している人であれば、レイクALSAアコムプロミスSMBCモビットアイフルといった大手消費者金融への借り換えをおすすめします。