消費者金融の限度額!基準と増額のポイント

 

初めて消費者金融から借入をしたい人にとって、自身の利用限度額がいくらなのかは気になるはずです。

 

大手消費者金融各社の広告には利用限度額は「1万円~数百万円」と記載されています。しかし初めて申し込んだ人の利用限度額が数百万円ということはありません。

 

金融機関に借入を申し込むと必ず審査が行われ、融資が可能かどうか、さらに利用限度額が決定します。

 

消費者金融の審査の基準は各社ともに非公開なのでどのように利用限度額が決定するのかは明らかではありませんが、限度額を決定するためのポイントは存在します。


 

消費者金融の利用限度額はどのように決定するのか、ポイントを解説するとともに、利用限度額を増額したいときにはどうすればいいのか、その方法や注意点を紹介します。

 

 

消費者金融の利用限度額はどのように決定するのか?

金融機関に借入を申し込むと必ず審査が行われ融資額が決定します。では、消費者金融は申込者のどのような点を審査し利用限度額を決定しているのでしょうか。

 

具体的な項目を解説します。

 

年収額

申込者の年収額は消費者金融が利用限度額を決定する大きな要素になります。年収額によって返済可能な金額が変動することはご理解いただけるでしょう。

 

また、法律では貸金業者が個人に対して貸付できる金額が定められているため、利用限度額は年収額によって左右されます。

 

属性

属性とは、申込者の年齢、勤務している企業、雇用形態、勤続年数、家族構成、住まいの状況などといった個人情報です。

 

消費者金融はこのような情報を点数化(スコアリング)して貸付の利用限度額を設定します。申込者の属性が良いと限度額は高く設定されます。

 

例えば年齢が若く、公務員や上場企業のように安定した勤務先で、正社員で勤務しており、勤続年数が長く短期間で転職を繰り返していない、という人であればスコアリングの点数は高く、返済能力が高い人と判断されます。

 

個人信用情報

個人信用情報はクレジットやローンの利用状況です。現在と過去の借り入れの状況、借入金額の総額や借り入れの件数、返済状況などは個人情報信用機関に記録されています。

 

借金がない、いわゆる個人信用情報が「きれいな」状態であれば利用限度額が高く設定されます。反面、以前長期滞納や債務整理といった金融トラブルを起こしていれば審査が通る可能性は低いでしょう。

 

消費者金融の初回の利用限度額は50万円まで

高額の年収の人でも、消費者金融の初回の契約の利用限度額は50万円までと設定されることがほとんどです。利用実績のない人に高額の貸付を行うのは消費者金融にも大きなリスクとなります。

 

また、法律では50万円を超える貸し付けを行う場合、収入を証明する資料を基に審査を実施しなければいけません。消費者金融は金利がほかの金融業者より金利が高い分、融資のスピードを重視しています。

 

高額所得者が数百万単位の融資を希望していたとしても、まず利用限度額は50万円を設定し、その後必要な審査を行い新たに融資する、という方法で融資が行われます。

 

借入金の総額は年収によって制限されている

法律で貸金業者が貸付可能な金額は申込者の年収によって決められている、と紹介しました。

 

具体的にどのようなルールがあるのかを解説します。

 

総量規制とは?

 

貸金業法では、消費者が過度の借り入れを行わないように、借金が年収の1/3を超える人に対して貸付を行うことを貸金業者に原則禁止しています。

 

これは「総量規制」と呼ばれています。


 

総量規制の観点では、年収400万円の人は貸金業者からは120万円までしか借金ができません。借金が120万円を超える人に対して貸金業者は貸付を行ってはいけないのです。

 

総量規制に抵触しない借金

消費者金融の借金やクレジットカードのキャッシングは総量規制に抵触しますが、総量規制に抵触しない借金もあります。住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、高額医療費、クレジットカードのショッピング、といった借金です。

 

また、総量規制が適用される「貸金業者」とは、消費者金融やノンバンクやクレジットカード会社です。銀行や信用金庫、信用組合といった金融機関は対象外ですので、消費者金融の多目的ローンと同様の性質の銀行のカードローンは総量規制に抵触しません。

 

なぜ消費者金融は他社の借入状況を把握しているのか?

クレジットやローンの利用状況は信用情報機関に登録されています。金融機関は借り入れの申し込みがあれば、このような信用情報機関に申込者の個人信用情報を照会し、貸付の可否と限度額を決定します。

 

代個人情報信用機関は下記の3社です。

 

  1. 株式会社シー・アイ・シー
  2. 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  3. 全国銀行個人信用情報センター

 

なお、これらの信用情報機関は金融機関だけではなく個人の照会も可能です。もし自身の信用情報がどのような状態なのか気になるのであれば確認してみてもいいでしょう(照会は有料です)。

 

初回の利用限度額から増額するためには?

消費者金融で設定された利用限度額を増額したい時にはどうすればいいのでしょうか。

 

増額するための二つの方法を紹介します。

 

①自ら増額を申し出る

まずは自ら利用限度額の増額を消費者金融に申し出ることです。増額を申し出ると、増額可能かどうか再度審査が行われます。

 

初回の契約直後に増額を申し込んでも実績が少なく増額してもよいかどうかの判断がつかないため、よほど属性が良い人でなと認められません。ですので、数か月きちんとした後に増額を申し込んでください。早ければ2~3か月の取引で増額が可能となります。

 

②消費者金融から提案がある

もう一つの利用限度額の増額方法は消費者金融からの提案を待つことです。初回の契約から半年から一年間返済期日に遅れず返済していればしていれば消費者金融から増額の提案があるでしょう。

 

ただし、消費者金融側から増額の提案があったとしても再審査で見送りになる可能性もありますのでご注意ください。増額の提案を行う担当と審査は別部門だからです。

 

消費者金融もビジネスですので、営業担当者は業績を伸ばさなくてはいけません。返済日に遅れることなく返済している利用者は有料な利用者と判断され、もっと利用してもらうために増額を提案します。

 

しかしその利用者がもし他社で新たな借り入れを行っていれば、再審査でその事実が発覚し増額が認められない、という事態が起こり得るのです。

 

年収が上がれば増額が認められるのか?

年収が上がれば利用限度額の増額が認められる、とは一概には言えません。

 

勤務中の企業で年収が上がり、さらに証明する資料があれば増額に有利になりますが、転職による年収アップは評価されないこともあります。

 

年収アップよりも勤続年数が判断材料として重視され、返済能力に問題ありと判断されるからです。

 

アルバイトやパートの人が正社員に転職し安定した収入を確保できるようになった、というケースであれば増額に前向きに判断される可能性があります。

 

利用限度額の増額が認められない理由

利用限度額の増額を申し込んでも断られた人はどのような理由で審査が見送りになったのでしょうか。

 

消費者金融各社の審査基準や審査内容の詳細は非公開ですので見送りの明確な理由は明らかにはなりませんが、主に下記の理由となります。

 

初回契約時より借入件数・借入金額が増えている

初回契約時より借入件数や借入金額が大幅に増えていれば増額が認められません。借入が増えれば総量規制に抵触する、また多重債務に陥る可能性が高くなるからです。

 

数か月間一度も滞りなく返済していたとしても消費者金融側からの増額提案が来ないでしょう。

 

頻繁に借入、返済を行っている

返済日に返済は行っていても頻繁に借入れを行っていれば増額の審査が通りにくくなります。利用実績があっても借入を頻繁に行えば借入残高は減らないため、返済能力や計画性のない人と判断されるからです。

 

もし増額を希望するのであれば、できる限り借入残高を減らしてから申し込んでください。

 

返済の遅れがある

返済が遅れたことがあるのであればしばらくは利用限度額の増額は難しいとお考え下さい。別の消費者金融の返済が遅れても同様です。

 

ローンやクレジットの返済状況は全て信用機関に記録されているからです。返済が遅れる人は信用がない人と判断されます。

 

もし返済日までに返済が難しくなりそうになるのであれば、すぐに担当者に連絡して返済が遅れる旨の状況といつまでに返済できるかを説明してください。単に返済が遅れるよりは大きく印象が変わります。

 

契約時からの状況の変化を申告していない

契約時に提出した情報に変化が生じたにも関わらず情報を訂正せずに増額を申し込むと、利用実績があっても認められないことがあります。

 

例えば転職して勤務先が変わった、転居をして住所が変わった、結婚などによって戸籍情報が変わった、というケースです。

 

多くの消費者金融の契約書には契約時の状況に変化があればその都度報告しなければいけない、と記載されています。生活環境の変化を申告していなければ、たとえついうっかりして申告していなかったという場合でも契約違反となるのです。

 

利用限度額を増額するためのポイント、注意点

利用限度額の増額を希望し、再審査を通るためにはどうすればよいのか、再審査のポイントや注意点を紹介します。

 

減額される可能性もあるのでご注意を

まず、利用限度額の増額を申し込んでも増額が認められないばかりか利用限度額が減額されることもあるのでご注意ください。

 

増額を申し込んでも返済状況や他の借入状況によっては返済能力に疑問を持たれるかもしれませんし、総量規制に抵触するような状態かもしれません。そのような状態であれば逆に限度額が減らされてしまいます。

 

誠実な対応を心がける

電話で利用限度額の増額を申し込む際には真摯な態度で、誠実な対応を心がけてください。審査は機械的に行うだけでなく、人物面も判断されます。

 

担当者が申込者に対してネガティブな印象を持てば審査に悪影響を与えますし、切羽詰まっていると判断されれば返済能力に疑問を持たれてしまいます。

 

消費者金融の利用者は顧客ではあるものの、お願いする立場であることも忘れないようにしましょう。

 

返済に遅れない

利用限度額の増額を認められるには、少なくとも6か月は返済に遅れていない状況を作ってください。そうすれば増額しても問題ない、と判断されます。

 

 

返済に遅れがない状況が長く続けば続くほど増額が認められる可能性が高くなります。


 

1年程度の期間で返済に遅れがなく、しかもその間借入を完済しているという人は優良顧客として判断されるので増額を申し込めばまず認められると考えてもよいでしょう。

 

利用限度額の増額を視野に入れて長期的に消費者金融を付き合いたいと考えている人は、初回契約時には利用限度額を低めに設定してください。少額の限度額であれば完済が容易であり、消費者金融からも好印象を持たれるからです。

 

借入件数を減らす

利用限度額の増額を申し込む際にはできる限り他社の借入件数を減らしてからにしてください。借入件数が多いと多重債務者になる可能性が高いと判断されるからです。

 

以前、大手消費者金融間では多重債務を防ぐために「3社ルール」を設定し、4社以上の借入を行っている人には融資を行わないと決めていました。現在も大手消費者金融は暗黙のルールとして3社以上の借入を行っている人には新たな貸付を行っていません。

 

可能であれば借入件数を3件以内にしましょう。

 

少額の借金をしている消費者金融があれば返済してから増額を申し込んでください。

 

余裕があるときは繰り上げ返済を

繰り上げ返済とは、毎月の返済日以外にも返済することですが、余裕があるときは繰り上げ返済や決められた金額以上を返済することです。

 

利用限度額の増額を希望するのであれば、常に繰り上げ返済を心がけてください。繰り上げ返済ができる人は返済能力が高いと判断されるため増額が認められる可能性は高いからです。

 

また、繰り上げ返済したお金は全額元金の返済に充てられます、借入残高が減れば支払う利息も少なくて済みます。

 

 

繰り上げ返済には複数のメリットがあるのでおすすめです。