消費者金融で審査の甘いカードローンでお金借りたい!存在するの?

 

消費者金融でお金を借りるには、カードローンの審査に通過する必要があります。

 

インターネットを見ていると「大手の銀行系のカードローン会社は、審査が厳しいけれど、消費者金融なら審査が甘い」や、「消費者金融は、在籍確認や借り入れ審査自体が行われなかった」という口コミを見かけることがあります。

 

大手の銀行系カードローン会社よりも中小の消費者金融の方が、審査に通りやすくお金を借りやすいというのは本当なのでしょうか。


 

今回は、消費者金融で審査の甘いカードローンは存在するのかについてわかりやすく解説していきます。

 

 

消費者金融で審査が甘いという噂の真実

ハッキリと申し上げると、審査が甘いカードローン会社は存在しません。

 

この点については、銀行系でも消費者金融のカードローン会社でも同じ事がいえます。おそらく、審査が甘いという言葉が独り歩きしているのは、口コミサイトの情報を誰かが横流ししたからでしょう。

 

その人が審査に通過できたとしても、他の人が簡単に審査に通過できるわけではありませんし、その状況があるからといって審査が甘いといわれる理由にはなりません。

 

審査が甘いかどうかは、申し込み者の個人情報次第

審査が甘いというよりも、審査に通過しやすいかという言葉の方が、意味合いとして正しいでしょう。消費者金融の審査に通過しやすいかは、申し込み者の個人情報がどのようになっているかで決まります。

 

では、どのようなポイントがチェックされているのでしょうか。次に、個人情報のチェックポイントについてご説明します。

 

【チェックポイント1】勤続年数と年収で判断される

消費者金融は、勤続年数と年収の項目をしっかりと確認しています。なぜなら、勤続年数や年収を見れば、返済能力の有無が分かるからです。

 

勤続年数が短く年収が低い方は、滞納などの金融事故を起こす可能性が高いため、警戒されてしまいます。

 

【チェックポイント2】返済余力やローンで判断される

勤続年収や年収も大切ですが、消費者金融の審査では、返済余力やローンの有無でも判断されます。返済余力とは、カードローン利用者のお金を返済する余力をいいます。

 

たとえば、高収入でも多大な借金を抱えていれば、返済余力がない人と思われてしまいます。逆に、収入が少なくても借金がなければ、十分な返済余力があると判断されます。

 

【チェックポイント3】信用情報機関の返済履歴で判断される

消費者金融は、信用情報機関で返済履歴をチェックします。

 

過去に、カードローンを3ヵ月以上滞納した経験のある方は、信用情報機関の返済履歴に滞納の事実が記録されています。この状況では、どれだけ審査が甘い(通りやすい)消費者金融でも、審査通過は難しいでしょう。

 

消費者金融の審査は甘いというのは勘違い!口コミの正体とは?

インターネットでは、「消費者金融の審査は、甘い」という口コミを見かけますが、その情報をそのまま受け取るのは注意が必要です。次に、消費者金融に関する口コミで生じやすい勘違いの正体についてご説明します。

 

審査結果の表示が速くて審査が甘い

審査の表示結果が速いと「審査基準が甘い」と思われがちですが、そんなことはありません。なぜ、審査が速いのか。これは、スコアリングシステムが採用されているからです。

 

決して、審査が甘いわけではないので勘違いしてはいけません。

 

消費者金融は、銀行よりも審査基準が甘い

昔から銀行よりも消費者金融の審査基準が甘いといわれていますが、そのような事実はありません。

 

消費者金融でも、勤務先の在籍確認や年収状況、家族構成、滞納履歴のチェックはありますので、嘘といわざるをえないでしょう。

 

しっかりとした年収さえあれば、審査が甘い

しっかりとした年収があるからといって、簡単に審査に通過できるわけではありません。なぜなら、年収の属性というものは、あくまでも審査基準の1つに過ぎないからです。

 

総合的にチェックした際、ある項目で大きく問題があれば、審査の通過は難しいでしょう。

 

消費者金融でおすすめのカードローン会社は、どこ?

審査の甘い消費者金融はありませんが、初めての借り入れにおすすめの消費者金融系のカードローン会社があります。当サイトでおすすめしているカードローン会社は下記のとおりです。

 

【消費者金融系のカードローン会社一覧】
  • レイクALSA
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

 

次に、それぞれの消費者金融系のカードローン会社についてご説明します。

 

レイクALSA

新生銀行カードローン レイクの事業を受け継ぎ、新しく名前を変えたレイクALSA。名前は変わりましたが、特にサービスの内容は大きく変わっていません。レイクALSAの基本情報は、下記のとおりです。

 

融資限度額 500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
申込条件 満20歳以上~70歳以下で国内居住限定でご自分のメールアドレスをお持ちの方
遅延損害金(年率) 20.0%

 

レイクALSA公式のe-アルサを利用すれば、スマートフォンだけで申し込み手続きから返済手続きまで、すべて完結するため非常に便利です。

 

WEBからの申し込みなら最短で60分で融資可能となっており、急な借り入れが必要になってもカードレスでお金を借りることができます。

 

アコム

消費者金融系のカードローン会社の中でも圧倒的な知名度を誇るアコム。審査スピードの速さと融資までの速さに定評があり、1分でも早く融資を受けたいという方に人気があります。アコムの基本情報は、下記のとおりです。

 

融資限度額 800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
申込条件 満20歳~69歳
遅延損害金(年率) 20.0%

 

アコムは、レイクALSAよりも融資限度額が300万円も高く、多額のお金が必要な場合でも、審査条件さえ満たせばお金を借りることができます。

 

また、貸付利率もレイクALSAと比べて、1.5%と低く設定されています。しかし、少額借入の場合は、18.0%に設定されるため、特に大きな差はないといえるでしょう。

 

プロミス

プロミスには、フリーキャッシングと呼ばれる便利なサービスがあります。プロミスのフリーキャッシングの基本情報は、下記のとおりです。

 

融資限度額 500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~17.8%
申込条件 満20歳~69歳
遅延損害金(年率) 20.0%

 

プロミスは、融資限度額についてはレイクALSAと同程度ですが、貸付利率が17.8%となっているため、少しだけ利率に優位性があります。

 

アイフル

アイフルでは、申し込み手続き後、約40分程度で審査結果が判明し、早ければ即日融資を受けることができます。アイフルの基本情報は、下記のとおりです。

 

融資限度額 800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
申込条件 満20歳~69歳
遅延損害金(年率) 20.0%

 

基本情報の条件的には、アコムと同程度のサービスが受けられます。

 

SMBCモビット

10秒で簡易審査結果が表示されるSMBCモビット。WEB完結なら会社への電話連絡をなくすことができるため、注目を集めつつあります。SMBCモビットの基本情報は、下記のとおりです。

 

融資限度額 800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
申込条件 満20歳~69歳
遅延損害金(年率) 20.0%

 

会社への電話連絡が必要なくても、身分証明書や直近2か月分の収入証明書などは必要となるため準備しておきましょう。

 

まとめ

消費者金融で審査の甘い会社というものはありませんが、審査に不安を感じる方でも審査対象者が広い消費者金融ならあります。

 

たとえば、セントラルなら、消費者金融の審査に対して不安を感じる方でも審査対象者が広いため、申し込み条件を満たしやすいです。

 

詳細については、下記記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

↓↓

延滞中やブラックがお金を借りる、審査の緩い消費者金融を5社紹介