アイフルの審査通過までの流れを徹底解説!

アイフルでお金を借りるには、審査に通過する必要があります。しかし、はじめての審査なら「申し込んでも審査落ちするのでは?」や、「審査の流れがわからないから、なんとなく不安。」という考えになっているでしょう。

 

今回は、アイフルの審査に通過するにはどうすれば良いのか、審査通過までの流れについて完全解説します。

 

審査で大切な3つのポイントや具体的な審査通過率など、気になる情報も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 


⇒審査・申込はコチラ(公式サイト)

 

 

アイフルの審査の3つのポイント

 

アイフルの公式サイトには、「こうすれば審査に通過できる!」というルールが掲載されているわけではありませんが、審査を通過する人には、ある共通点があります。


 

まずは、審査の流れについて知る前に、アイフルの審査通過を目指すうえで欠かせない3つのポイントについてご紹介します。

 

審査基準のポイント1:総量規制の範囲内で限度額が記述されているか

アイフルで審査落ちする人の多くは、年収の3分の1を超える金額の借入希望を出しているケースが多いです。アイフルは、賃金業法により個人年収の3分の1を超えるお金を貸し付けることができません。

 

この決まりを、総量規制といいます。

 

アイフルを含めた消費者金融やクレジットカード会社、信販会社は、この総量規制の対象となります。そのため、年収が100万円である場合は、約30万円以下となるように希望額を出しておくと審査に通過しやすくなります。

 

審査基準のポイント2:返済能力を有しているか

アイフルの審査では、安定した収入があるかということがチェックされています。アイフル公式サイトより、貸付対象者の項目を見ても、"満20歳以上の定期収入と返済能力を有する方"と記されており、非常に重要な審査ポイントであることがうかがえます。

 

この安定収入という言葉は、どのような状態を意味するのでしょうか。

 

一般的に安定収入とは、2ヵ月以上継続して毎月1回以上の収入があることを意味するケースが多いです。そのため、同じ職場で月20万円を2ヵ月間にわたって受け取っていれば、審査通過の可能性があります。

 

審査基準のポイント3:滞納していないか

アイフルは、審査申し込み時に信用情報機関に個人情報を照会し、契約者の借り入れ状況を調べます。たまに「他社での借金は、バレないですよね?」と思っている方がいますが、調べれば絶対にバレます。

 

もし、滞納の事実が判明すれば、審査通過の可能性は限りなくゼロに近いでしょう。なお、携帯料金の滞納も立派な借金なので、滞納している方はすぐに返済しましょう。

 

アイフルの審査の具体的な流れ

アイフルの審査基準を確認したら、実際に申し込み手続きを行います。アイフルの審査の流れは、下記のとおりです。

 

【アイフルの審査の流れ】
  • ステップ1:申し込みをする
  • ステップ2:申し込み確認の電話を受ける
  • ステップ3:在籍確認による審査を受ける
  • ステップ4:必要書類を提出する
  • ステップ5:2つの方法でアイフルカードを受け取る
  • ステップ6:借入を行う

 

次に、どのような流れで申し込み手続きが完了するのか、具体的な流れについてご説明います。

 

ステップ1:申し込みをする

アイフルの申し込み方法は、下記の3つにわかれています。

 

【アイフルの申し込み方法一覧】
  • WEB
  • 自動契約機
  • 電話

 

どれか都合の良いものを選びましょう。特別な理由がなければ、インターネット上で完結するWEBでの申し込みが便利です。

 

ステップ2:申し込み確認の電話を受ける

申し込み手続きが確認すると、すぐに審査がスタートします。審査時間は、最短で30分です。

 

審査結果の詳細は、メール、または電話での報告となります。30分は、あくまでも最短時間なので、申し込み人数が多い場合は、少し時間がかかると考えておきましょう。

 

ステップ3:在籍確認による審査を受ける

一般的に在籍確認は、会社への電話によって行われます。在籍確認では、申し込み者が本当に働いているのか、ということを確認されます。しかし、「在籍確認で会社に電話をかけられたくない。」という方も多いでしょう。

 

 

そのため、アイフルのチャットサポートで「在籍確認方法は、会社への電話以外に方法はありますか?」と質問してみました。

 

すると、「ご本人様の氏名と会社名を確認できる社会保険証や給料明細等の提出があれば、対応可能です。」と教えてもらいました。

 

もし、会社へ電話をされたくなければ、アイフルのフリーダイヤル(0120-337-137)へ、すぐに電話をかけて事情を伝えてみましょう。


 

ステップ4:必要書類を提出する

在籍確認が終わったら、本人確認書類を提出します。公式サイトで認められているものは、次のいずれか1点です。

 

【本人確認書類一覧】
  • 顔写真つき本人確認書類
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(表のみ)

 

利用限度額が50万円を超える、または借入総額が100万円を超える場合、下記の収入証明書の最新の一部コピーが必要となります。

 

【収入証明書書類一覧】
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

 

ステップ5:2つの方法でアイフルカードを受け取る

必要書類の提出が終わったら、アイフルカードを受け取りましょう。アイフルでは、ロンカードのことをアイフルカードといいます。

 

アイフルカードは、郵送、または無人契約機から受け取れます。郵送の場合、1週間程度かかりますので、1日でも早く欲しい場合は無人契約機での受け取りをおすすめします。

 

ステップ6:借入を行う

契約が完了すれば、お金を借りることができます。借り入れ方法は、銀行振り込みとATMの2つの方法から選べます。銀行振り込みの場合、平日14時までなら当日振り込みを希望できます。それ以降の場合は、翌日反映となります。

 

一方で、ATMの場合、アイフルATMなら手数料無料で借入ができます。ちなみに、提携ATMの場合は、手数料がかかるので注意してください。手数料は、1万円以下の場合1回あたり108円、1万円を超える場合は216円となります。

 

アイフルの審査は、半数以上が通過できない

アイフルの月次推移データには、無担保新規成約率が記されています。これを見れば、アイフルの審査通過率がわかります。

 

【アイフル月次推移】

https://www.ir-aiful.com/data/current/MD202004.pdf

 

無担保新規成約率は、38.7%と記されています。つまり、半数以下の人が審査落ちしているということです。非常に厳しい現実ですが、安定収入があり在籍確認がとれれば、審査通過の可能性はありますのでチャレンジしてみましょう。

 


⇒審査・申込はコチラ(公式サイト)

 

アイフルの審査受付時間を確認しよう!

アイフルの審査受付時間は、平日、土日祝日関係なく9時~21時までとなっています。たとえば、朝5時に申し込んだ場合、審査結果は9時以降にしか通知されません。

 

ちなみに、借入までにかかった時間を調査すると、1時間前後と回答する方が多いため、早ければ1時間程度で完了すると覚えておきましょう。

 

まとめ

アイフルの審査基準や具体的な審査の流れについて解説しました。アイフルの審査通過率が半数以下と知り、「自分は通過できないのでは?」と思ってしまったかもしれません。

 

しかし、多くの方は安定収入がない、または虚偽の情報で申し込んでいる可能性が高いため、それほど数字を気にする必要はありません。

 

大切なのは、安定収入があり、しっかりと働いていることを証明することです。それさえ守れれば、審査通過の可能性は格段に高くなります。